#22 日本ノービザ旅行解禁で予約は急増、しかし航空運賃は高止まり

対訳

トリップBtoZは10月11日から再開される日本ノービザ入国と個人自由旅行の許可に伴う期待感から、9月の日本旅行の予約が増加していると説明した。9月の予約データと8月の予約データを比較した結果、日本地域の宿泊予約件数は約2500%増加したことが分かった。8月には全世界の国家のうち日本は22位にとどまっていたが、9月には2位に上昇した。

트립비토즈는 10월11일부터 재개되는 일본 무비자 입국과 개인 자유여행 허용에 따른 기대감으로 9월 일본여행 예약이 증가했다고 설명했다. 9월 예약 데이터와 8월 예약 데이터를 비교한 결과 일본 지역 숙소 예약 건수가 약 2,500% 증가한 것으로 나타났다. 8월에는 전체 국가 중 일본이 22위에 머물렀지만, 9월에는 2위로 올라섰다.

新型コロナ以前から人気旅行地だった東京、福岡、大阪などの人気は相変わらずだ。予約順位は東京(36%)、福岡(24%)、大阪(22%)、その他地域の順だ。

코로나19 이전부터 인기 여행지였던 도쿄, 후쿠오카, 오사카 등의 인기는 여전했다. 예약 순위는 도쿄(36%), 후쿠오카(24%), 오사카(22%), 기타 지역 순이다.

http://www.traveltimes.co.kr/news/articleView.html?idxno=402998

目的地も多様化している。現在、大阪、東京の予約が絶対的だが、冬を控えて主要旅行会社は相次いで九州の旅館パッケージを売り出しており、ロッテ観光開発の11月出発の宮崎単独チャーター便(436席)商品は1カ月で売り切れた。

목적지도 다변화되는 중이다. 현재 오사카, 도쿄 예약이 절대적이지만 겨울을 앞두고 주요 여행사들이 잇따라 규슈 료칸 패키지를 출시하고 있으며, 롯데관광개발의 11월 출발 미야자키 단독 전세기(436석) 상품은 한 달 만에 완판됐다.

https://www.traveltimes.co.kr/news/articleView.html?idxno=402922

最近、新型コロナ関連の規制をなくし、国境を開放した国家・地域を中心に航空運賃が高騰している。最も熱いのは日本だ。10月5日、NAVER航空券で10月27日出発の2泊3日の最低価格の航空券を検索した結果、仁川~成田路線は51万4000ウォンから、仁川~大阪路線は47万8800ウォンからだった。航空運賃は約1週間前の9月29日に検索したときよりも約11~12万ウォン上昇した。2019年と比較するとさらに高い。当時の記録を参照すると、国内LCCの日本路線の特別価格は10万ウォン台にすぎなかった。燃料サーチャージが値上がりしたという点を勘案しても、約3倍以上高騰した水準だ。

최근 코로나19 관련 규제를 없애고 국경을 개방한 국가‧지역을 중심으로 항공 운임이 치솟고 있다. 가장 뜨거운 곳은 일본이다. 10월5일 네이버 항공권에서 10월27일 출발 2박3일 기준 최저가 항공권을 검색한 결과 인천-도쿄(나리타) 노선은 51만4,000원부터, 인천-오사카 노선은 47만8,800원부터로 나타났다. 항공 운임은 약 일주일 전인 9월29일 검색했을 당시보다 약 11~12만원 상승했다. 2019년과 비교하면 더하다. 당시 기록을 살펴보면 국내 LCC들의 일본 노선 특가 운임은 10만원대에 불과했다. 유류할증료가 올랐다는 점을 감안하더라도 약 3배 이상 치솟은 수준이다.

https://www.traveltimes.co.kr/news/articleView.html?idxno=402966

ちょっと解説

10月11日から、旅行など短期滞在者のビザ免除が韓国を含む68カ国・地域を対象に再開しました。実に約2年7カ月ぶりとなります。

コロナ以前から、近くて手軽な海外旅行先として日本人気の高かった韓国でも、予約の殺到ぶりから期待値の高さがうかがえます。一方で飛行機の増便が追いつかず、航空運賃が高止まった状態なことや、コロナで廃業した宿泊施設や離職したガイドなどの人的リソースも多いことから、受け入れ態勢もまだ十分とは言えず、観光需要の回復には多少時間がかかりそうです。

ちなみに、出入国管理統計によれば、2019年には約588万人の韓国人が日本を訪れていました。うち関西空港経由が約151万人、成田・羽田両空港経由が計約140万人と、関西圏が首都圏を上回っているのと、福岡空港・博多港経由が約114万人と、九州エリアにも根強い人気がありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました