#052-3 女性専用タクシーお目見え

対訳

早ければ2月中に、ソウル市内で運転手と乗客がともに女性の女性専用タクシーに乗ることができるようになる。 ソウル市は、(株)タゴソリューションズが4500台のタクシーを募集して市に申請したタクシー運送加盟事業の免許を、1日付で付与したと7日、明らかにした。このタクシーは「私納金制」と呼ばれる定額入金制を廃止し、政府や自治体の支援なしで「完全月給制」を施行する計画だ。 

이르면 2월 중 서울 시내에서 기사와 승객 모두 여성인 여성 전용 택시를 탈 수 있게 된다. 서울시는 ㈜타고솔루션즈가 4,500여 대 택시를 모집해 시에 신청한 택시운송가맹사업 면허를 지난 1일 자로 부여했다고 7일 밝혔다. 이들 택시는 ‘사납금제‘로 불리는 정액입금제를 폐지하고 정부나 지자체 지원 없이 ‘완전월급제’를 시행할 계획이다.  

乗客を選んで乗ることが不可能な自動配車コールは「ウェイゴーブルー(Waygo Blue)タクシー」、女性専用の予約コールは「ウェイゴーレディー(Waygo Lady)タクシー」という名前で運営される。

승객 골라태우기가 불가능한 자동배차콜은 ‘웨이고 블루(Waygo Blue) 택시‘, 여성 전용 예약콜은 ‘웨이고 레이디(Waygo Lady) 택시’라는 이름으로 운영된다. 

ウェイゴーレディーは乗客と運転手がともに女性のタクシーで、小学生までは男性も乗れる。国内初の乳幼児用シートを提供し、今後ジュニアシートの追加導入も検討する見通しだ。 

 웨이고 레이디는 승객과 기사가 모두 여성인 택시로, 초등학생까지는 남자아이도 탑승할 수 있다. 국내 최초로 영·유아용 카시트를 제공하며, 향후 주니어 카시트 추가 도입도 검토할 전망이다.  

ウェイゴーレディーは、20台規模で試験サービスを実施した後、2020年までに500台、運転手を1000人規模に拡大する計画だ。

웨이고 레이디는 20대 규모로 시범서비스를 시행한 뒤 오는 2020년까지 500대, 운전자 1000명 규모로 확대할 계획이다.  

原文:

'기사도 여성, 승객도 여성' 여성전용 택시가 나온다
곧 시범 운행을 시작한다.

ちょっと用語解説

사납금제【私納金制】 

タクシー運転手の給与形態で、言わば「上納金制度」。1日の売り上げから一定額だけ会社に収め、燃料費やクレジットカード手数料など、経費の一部は運転手が負担する方式。

売り上げが上がるほど運転手の取り分も上がりますが、運転手の長時間労働や低賃金など劣悪な労働環境や、乗車拒否などマナー悪化の温床とされてきました。

1997年の旅客自動車運輸事業法の改正で、この契約方式は違法とされましたが、業界のサボタージュで徹底されず、行政も取り締まりを徹底しませんでした。 

97年の法改正で、タクシー会社は、売り上げの全額を会社が回収し、燃料費、経費は会社が全額負担する形で、売り上げに応じた給与を支給する「全額管理制」と呼ばれる方式の導入が義務づけられました。ハンギョレによればタクシー運転手の給与水準は上昇する見込みでしたが、経営悪化を理由にタクシー会社が反発し、現在も「私納金制」が残っています。

ちょっと背景解説

ジュジュさんが大いに期待していた女性専用タクシーですが、最新の報道では3月中に開始となっています。

記事でも触れていた通り、女性向けサービスの向上のほかにも、運転手の待遇改善や、タクシー運転手の乗車拒否対策といった様々な要素が絡んでいます。

タクシー業界と規制緩和を巡るライドシェアの話は、#NDK038で詳しく取り上げましたので、そちらをお読み下さい。

運輸業界のベンチャー事業は、旧来の既得権を守ろうとするタクシー業界に政府が配慮し、つぶされてしまうということを繰り返してきたので、順風満帆に行くかどうかは予断を許しません。

カカオが導入しようとした乗り合い(카풀、Carpool)事業も、タクシー業界が猛反発しており、昨年12月には国会前でタクシー運転手がタクシーの中で抗議の焼身自殺。社会に衝撃が広がり、カカオのカープールはまだ試験サービスも延期されたままです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました