#035-2 韓国名物、ウェディング撮影の舞台裏

対訳

5月にウェディング撮影をした。ウェディング撮影は他の撮影とは確かに違った。ウェディング撮影をして感じた6つのことを整理した。

지난 5월에 웨딩 촬영을 했다. 웨딩 촬영은 다른 촬영과는 확실히 달랐다. 웨딩 촬영을 하며 느낀 것 6가지를 정리했다.

私たちの外見がモデル級ではないことをしっかり覚えておこう

スタジオ選びには明らかな条件があった。可愛くて愛らしいスタイルのスタジオはまず嫌だった。ウェディングフェアのスタジオコーナーには、地球上のウェディング写真というウェディング写真がすべて集まっているかのようだった。ほとんどが非常にかわいくて愛らしいスタイルの写真だった。そしてそれがあまりにきれいだった。しかし神の一手、突然モデルの代わりに私たちをその写真にあてはめた姿が浮かび上がった。私自身を非常に愛する私でさえも、その短い想像に吐きそうになった。モデルたちはあまりにもきれいでスリムなので、どんな写真でもきれいに見えるように作ることができる。スタジオ写真の中のモデルに惑わされないようにしよう。

우리의 외모가 모델급이 아니라는 걸 분명히 기억하자

스튜디오 선정에는 분명한 조건이 있었다. 귀엽고 사랑스러운 스타일의 스튜디오는 딱 싫었다.웨딩박람회 스튜디오 코너에는 지구에 있는 웨딩 사진이란 웨딩 사진은 다 모여 있는 것 같았다.대부분이 매우 귀엽고 사랑스러운 스타일의 사진이었다.근데 그게 너무 예뻤다.하지만 신의 한수, 갑자기 모델 대신 우리를 그 사진에 대입한 모습이 떠올랐다.나 자신을 극도로 사랑하는 나조차도 그 짧은 상상에 토할 것 같았다.모델들이야 워낙 예쁘고 잘생겼고 날씬하니 어떤 사진이라도 예뻐 보이게 만들 수 있다. 스튜디오 사진 속 모델들에 홀리지 말자.

新婦は人形だ

私はその日、完璧にお姫様の扱いを受けた。しかし、そんなことがお姫様の生活だなら、私は生まれ変わって姫になれると言われても絶対にやらないだろう。完璧に姫扱いを受けたのは、私一人でできることが何もないからだった。果てには一人で歩くことすらできなかった。むやみに歩くとドレスが壊れるからだ。ドレスショップから派遣されたヘルパーのおばさんがいなければ、私はわずか三歩前にあるヘアピンも拾えなかった。ヘルパーのおばさんは私が「あれ拾ってください」と言えば拾ってくれたし、「これ片付けてください」と言えば片付けてくれた。書いてみると生意気な姫のようだが仕方なかった。そして、コルセットというやつは何でこんなにも締め付けてくるのか。私は息が吸えずに、ほとんど死にそうな状況だった。

신부는 인형이다나는 그날 완벽한 공주 대접을 받았다.그러나 그런 게 공주의 삶이라면 나는 다시 태어나면 공주할 수 있다고 해도 절대 공주 안 할 거다.완벽한 공주 대접을 받은 건 내가 혼자서 할 수 있는 게 아무것도 없기 때문이었다. 심지어 혼자 걸을 수도 없다.함부로 막 걸으면 드레스가 망가지기 때문이다. 드레스샵에서 보내주는 헬퍼 이모님이 없으면 나는 불과 세 걸음 앞에 있는 머리핀도 주울 수가 없었다.헬퍼 이모님은 내가 ”저거 주워주세요”하면 주워주셨고 ”이거 치워주세요” 하면 치워주셨다. 쓰고 보니 되게 건방진 공주 같은데 어쩔 수 없었다.그리고 무슨 놈의 코르셋은 그렇게 꽉 조이는지. 나는 숨이 쉬어지지 않아 거의 사망할 지경이었다.

たくさんのドレスを着るようだが実際は何着も着ない

普通は、ウェディングドレス3〜4着、ミニドレス1着、そしてチョゴリとカジュアルな服装で撮るという。これは、ほとんどのスタジオが共通する。しかし、周囲の結婚した人や結婚準備をしている人のウェディング写真を見ると、信じられないほどのドレスをたくさん着たように見える。服をたくさん着替えるのではなく、撮影時に主に何も柄もないドレスを着て、その上に様々な布を加えて、他の服のように見えるようにしている。ヘルパーのおばさんは肩口が広くあいたドレスを瞬時に長袖にしたり、チャイナカラーにしてくれたりするのだが、本当にその腕前がすばらしい。思ったよりたくさん着替えることはないので、あまり心配しないように。

엄청 많은 옷을 입는 것 같지만 막상 몇 벌 안 입는다

보통 웨딩드레스 3~4벌, 미니드레스 1벌 그리고 한복과 캐주얼 복장으로 찍는다고 한다. 이는 대부분의 스튜디오가 공통이다.하지만 주변에 결혼한 사람들이나 결혼을 준비하는 사람들의 웨딩 사진을 보면 엄청나게 드레스를 많이 입은 것처럼 보인다.옷을 많이 갈아입는 게 아니라, 촬영 때는 아무 무늬도 없는 드레스를 주로 입고 그 위에 여러가지 천을 덧대서 다른 옷처럼 보이게 하는 것이다.헬퍼 이모들은 어깨가 훤히 패인 드레스를 순식간에 긴팔로 만들기도 하고, 차이나 카라로 만들어주기도 하는데 정말 그 솜씨가 굉장하다.생각보다 옷을 많이 갈아입진 않으니 너무 염려하진 마시길.

すべては演出だ

ウェディング写真を見ると、すべてのシーンが自然に見える。足首が見えるように軽くめくり上げられた花嫁のドレス、取り合った新郎新婦の手の角度、お互いを見つめる二人の表情…しかし、そのすべては演出だ。花嫁のドレスは正確に「きれいに写る角度」を計算してヘルパーのおばさんがピンで固定してくれたものだし、新郎新婦の手の角度や二人の表情は写真家が何度も指摘して指摘して作り上げた結果だ。ウェディング写真の中のすべてが偽物だ。結婚を決意した新郎新婦の心以外は、そう受け取った方がいい。

모든 것은 연출이다

웨딩 사진을 보면 모든 장면이 자연스러워 보인다. 발목이 보이도록 살짝 걷어올린 신부의 드레스, 맞잡은 신랑신부 손의 각도, 서로를 마주보는 두 사람의 표정…하지만 그 모든 건 연출이다. 신부의 드레스는 정확하게 ‘예쁘게 나올 각도’를 계산해 헬퍼 이모가 핀으로 고정해 준 것이고 신랑신부 손의 각도와 두 사람의 표정은 사진작가가 몇 차례나 지적하고 지적해 만들어낸 결과물이다.웨딩 사진 속 모든 건 가짜다. 결혼을 결심한 신랑신부의 진심 빼고는 그렇게 받아들이면 된다.

ごはんを食べよう

ウェディング撮影の前に、やせて見えるためにはご飯を食べてはいけないという話があるが、それだと本当に倒れてしまう。そもそもろくに息もできないのに数時間ずっと笑っていなくてはいけないので、本当に文字通り糖質不足になるのがウェディング撮影だ。撮影を手伝いに来た友達が本当に良い友達なら、チョコレートやマカロンのようなものをいろいろ持ってくると思うが、残念ながらそれだけではどんどん疲れていく新郎新婦を救うことができない。だから新郎新婦は美容室で髪を巻いている間にサンドイッチでも口に押し込むべきだ。

밥 먹자

웨딩 촬영 전에 날씬해 보이려면 밥을 먹지 말아야 한다는 이야기가 있는데, 그러면 진짜 쓰러진다. 애초에 숨도 잘 안 쉬어지는데 몇 시간을 내리 계속 웃어야 하기 때문에 정말 말 그대로 당이 딸리는 게 웨딩 촬영이다.촬영을 도와주러 온 친구들이 진정으로 좋은 친구들이라면 초콜릿이니 마카롱 같은 걸 바리바리 싸들고 오겠지만, 안타깝게도 그것만으로는 점점 지쳐가는 신랑신부를 구원할 수가 없다. 그러니까 신랑신부는 미용실에서 머리 말 동안 샌드위치라도 입에 쑤셔넣어야 한다.

最後に、新郎はちゃんと笑うようにこのように息もできないし、笑わなければいけないし、疲れて苦痛なだけなようだが、それでもウェディング撮影は悪いことだけではない。撮った後、フォトショップの加工までされた結婚式の写真を受信すると「私がこんなにきれいなんて」という満たされた気持ちになるためだ。

あ、あと本当に最後に、撮影後にはすぐ肉を食べに行かなくてはいけないという規則がある。これは覚えておいて必ず守ろう。

끝으로, 신랑은 좀 제대로 웃어주길…이렇게 숨도 못쉬고 웃어야 하고 당딸리고 고통스러운 것만 같지만, 그래도 웨딩 촬영이 나쁘기만 한 것은 아니다. 찍고 난 뒤 포토샵까지 다 된 웨딩 사진을 받으면 ”내가 이렇게 예쁘다니”하고 뿌듯한 기분이 들기는 하기 때문이다.

아, 그리고 진짜 마지막으로 촬영 끝나고 나서는 바로 고기를 먹으러 가야 한다는 규칙이 있다. 그것은 외워두고 반드시 지키자.

原文:

웨딩 촬영을 하면서 느끼게 되는 것들 6
1. 우리의 외모가 모델급이 아니라는 걸 분명히 기억하자

ちょっと解説

韓国の結婚式の前撮りと言えば、女優になって雑誌の撮影をしているかのようなポージングや仕上がりで有名。韓国人の新婚夫婦の家にはたいていとんでもないビッグサイズの写真(フォトショップ加工でほぼ別人の場合多し)が壁にかけられています。

こうしたウェディング撮影(웨딩촬영)は略して“웨촬”と呼ばれており、朝から夕方まで一日がかりの大仕事。友人たちが手伝いに来てくれて、新郎新婦と一緒にドレスを着て撮影をすることもあります。

ジュジュも昨年体験しましたが、楽しくて、撮って良かった!と思ったのでおすすめ。日本よりも安く(私の時は10万円もしませんでした)データも全部くれるのが良いところ。

最近は日本語可のスタジオもたくさんあるので、結婚を控えている方は韓国旅行のついでに思い出作りとしていかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました