#135-1 コロナで無着陸飛行が人気

対訳

最近、国内航空会社が経営難を打開するため「目的地のない飛行」商品を相次いで実施し、該当体験商品が平均85%の高い搭乗率を記録した。新型コロナの影響で抑制された海外旅行の需要を一定程度解決したという評価を受けた。

최근 국내 항공사들이 경영난 타개를 위해 ‘목적지 없는 비행’ 상품을 잇달아 실시한 가운데 해당 체험 상품이 평균 85%의 높은 탑승률을 기록했다. 코로나19 여파로 억눌린 해외여행 수요를 일정부분 해결해줬다는 평가를 받았다.

11月3日、国土交通部の航空統計を分析した結果、目的地のない飛行商品の平均搭乗率は85%であることが分かった。先月23日、国内航空会社の中で初めて一般人を対象にした無着陸飛行を実施した済州航空の便は搭乗率100%を記録した。同日、済州航空はB737-800で、189席のうち新型コロナを考慮して121席だけを運用したが、乗客121人が搭乗した。

3일 국토교통부 항공통계를 분석한 결과, 목적지 없는 비행 상품의 평균 탑승률은 85%로 나타났다. 지난달 23일 국내 항공사 중 처음으로 일반인 대상 무착륙 비행을 실시한 제주항공편은 탑승률 100%를 기록했다. 이날 제주항공은 B737-800으로 189석 중 코로나19를 감안해 121석만 운용했는데 승객 121명이 탑승했다.

仁川国際空港を出発し、1時間半ほど群山、光州、麗水、醴泉、釜山、浦項などを周回したあと、仁川空港に戻った。航空券の価格は、ビジネスクラス(12席)12万9000ウォン、エコノミークラス9万9000ウォンで、全ての座席が完売した。

인천국제공항을 출발해 1시간 반가량 군산, 광주, 여수, 예천, 부산, 포항 등을 둘러본 뒤 인천공항으로 돌아왔다. 항공권 가격은 비즈니스석(12석) 12만9000원, 일반석 9만9000원으로 준비된 좌석이 모두 완판됐다.

アシアナ航空は「空の上のホテル」と呼ばれる超大型航空機A380(495席)を活用し、11月1日まで計4回運航した。初日(10月24日)は運用座席298席のうち245席が埋まり、搭乗率82.2%を記録した。2回目の飛行(10月25日)は200人が搭乗し、67.1%の搭乗率となった。3回目(31日)、4回目(1日)の飛行はそれぞれ258人、285人が搭乗し86.6%、95.6%の搭乗率を記録した。

아시아나항공은 ‘하늘 위 호텔’이라 불리는 초대형 항공기 A380(495석)을 활용해 지난 1일까지 총 네 차례 운항했다. 첫날(24일)에는 운용좌석 298석 중 245석이 차 탑승률 82.2%를 기록했다. 두번째 비행(25일)은 200명이 탑승하며 67.1%의 탑승률을 보였다. 세번째(31일), 네번째(1일) 비행은 각각 258명, 285명이 탑승해 86.6%, 95.6%의 탑승률을 기록했다.

アシアナ航空の商品は、2時間40分ほどで、仁川空港を離陸し、江陵、浦項、金海、済州の上空を飛行して仁川空港に戻る日程だ。大型機を運用した分、販売価格はビジネススイート席30万5000ウォン、ビジネスクラスs25万5000ウォン、エコノミークラス20万5000ウォンと細分化された。

아시아나항공의 상품은 2시간40분가량 인천공항을 이륙해 강릉, 포항, 김해, 제주 상공을 비행하고 인천공항으로 돌아오는 일정이다. 대형기를 운용한 만큼 판매가격은 △비즈니스스위트석 30만5000원 △비즈니스석 25만5000원 △이코노미석 20만5000원으로 세분화됐다.

LCCのある関係者は「現在、国内線が100%の搭乗率を記録しているわけでもなく、国内線運賃の単価が高くても平均4万ウォン台である点を勘案すれば、無着陸飛行を1回飛行するのが多くの面で效果がある」と話した。

LCC 한 관계자는 “현재 국내선이 100% 탑승률을 기록하고 있는 것도 아니고, 국내선 운임단가가 높아봐야 평균 4만원대인 점을 감안하면 무착륙 비행 한 번 띄우는 게 여러면에서 효과가 있다”고 말했다.

予想より需要が多くなると、これら航空会社は国内だけでなく、日本など短距離国際路線を活用した飛行商品も開発中だ。ただ、国際線観光は政府の免税店利用許可が出た後に行われる見通しだ。この場合、機内免税品、空港免税店の利用客など追加需要も吸収できるため、航空会社の期待が高い。

예상보다 수요가 많아지자 이들 항공사는 국내뿐 아니라 일본 등 단거리 국제선 노선을 활용한 비행 상품도 개발 중이다. 다만, 국제선 관광은 정부의 면세점 이용 허가가 난 뒤에 이뤄질 전망이다. 이 경우 기내 면세품, 공항면세점 이용 고객들 등 추가 수요도 흡수할 수 있어 항공사들의 기대가 높다.

原文:

'목적지 없는 비행'이 침체된 비행 업계에 활기를 불어넣고 있다
국내 항공사 평균 탑승률은 85%로 나타났다.

ちょっと解説

日本では元日の初日の出フライトなどで以前からおなじみですが、新型コロナで旅行、特に海外旅行が事実上できなくなった観光客に人気のようです。

9月22日にオーストラリアのカンタス航空が、シドニー発着7時間の空の旅を発売したところ、10分で完売したとか。

台湾のエバー航空「どこへも行かない空の旅」のほか、タイ航空も、バンコクを出て、アユタヤやチョンブリなどの上空を通過して、機内でお経を唱え、バンコクに戻る旅を運航する計画があります。

音声はこちら

‎ニュースde韓国語:Apple Podcast内の#135 「刑務所カラオケボックス」の深刻な背景&ペンスに続け!自治体ゆるキャラ奮闘 etc.
‎ニュースde韓国語の番組、エピソード#135 「刑務所カラオケボックス」の深刻な背景&ペンスに続け!自治体ゆるキャラ奮闘 etc.-2020年11月19日
https://music.amazon.co.jp/podcasts/70bf43b2-8bce-4c1c-87f0-2fd24df9aded/episodes/2512bf81-33b2-4d08-8d38-766608a4ae3c/de-135-etc
ニュースde韓国語 - #135 「刑務所カラオケボックス」の深刻な背景&ペンスに続け!自治体ゆるキャラ奮闘 etc.
▽コロナで無略陸飛行が人気 4:03- ▼「刑務所カラオケボックス」の深刻な背景 17:11- ▼ペンス生みの親「100億ウォン稼いだけど…」 29:48- ▽ペンスに続け!自治体ゆるキャラ奮闘 39:17- Twitter: @newsdekorean Instagram: @newsdekorean F...

コメント

タイトルとURLをコピーしました