#133-4 電動キックボード、韓国で大幅規制緩和

今年12月から免許のない中学生も電動キックボードを運転でき、安全事故に対する懸念が高まっている。ソウル市によると、今年5月に改正された道路交通法が12月10日から施行されるという。法改正により、満13歳以上であれば誰でも免許なしに電動キックボードを利用でき、自転車専用道路の利用も許容される。

오는 12월부터 면허가 없는 중학생도 전동킥보드를 운전할 수 있어 안전 사고에 대한 우려가 커지고 있다. 서울시에 따르면 지난 5월 개정된 도로교통법이 오는 12월10일부터 시행된다. 법 개정에 따라 만 13세 이상이면 누구나 면허 없이 전동킥보드를 이용할 수 있고, 자전거 전용도로 이용도 허용된다.

現在は、満16歳以上に二輪自動車免許がなければ電動キックボードに乗れない。しかし、法が施行される12月からは、満13歳以上なら誰でも利用でき、ヘルメットなどの安全装備の着用義務化もなくなる。

현재는 만 16세 이상에 이륜 자동차 면허가 있어야 전동킥보드를 탈 수 있다. 하지만 법이 시행되는 12월부터는 만 13세 이상이면 누구나 이용할 수 있고, 헬멧 등 안전장비 착용 의무화도 없어진다.

電動キックボードは、最高時速25キロほどで移動速度が速く、重心を取るのが容易ではない。そのため、これまで免許が必要なバイクに分類され、ヘルメットなどの安全装備の着用が義務付けられていたが、12月からは自転車に分類され、安全装備を着用しなくても取り締まる権限がない。

전동킥보드는 최고 시속 25km가량으로 이동 속도가 빠르고, 중심 잡기가 쉽지 않다. 이에 그동안 면허가 필요한 오토바이로 분류해 헬멧 등 안전장비 착용이 의무지만, 12월부터는 자전거로 분류되면서 안전장비를 착용하지 않아도 단속할 권한이 없다.

最近、電動キックボードの利用は急速に増えている。 国会·国土交通委員会所属のチン・ソンジュン共に民主党議員が、ソウル市から提出を受けた資料によると、ソウル市管内の共有型個人向け移動装置は、18年の150台あまりから今年は3万5850台へと239倍急増した。

최근 전동킥보드 이용은 빠르게 늘고 있다. 국회 국토교통위원회 소속 진성준 더불어민주당 의원이 서울시로부터 제출받은 자료를 보면, 서울시 관내 공유형 개인용 이동장치는 2018년 150여대에서 올해 3만5850여대로 239배 급증했다.

12월부터 전동킥보드 이용자 조심해야 하는 이유
법이 개정되면 자전거 전용도로로 다닐 수 있다

ソウルの町中でレンタルできる場所も増えてきた電動キックボードですが(写真は2019年9月、ソウル・聖水洞で撮影)、事故を巡る懸念は韓国でも根強くあります。10月24日には、仁川で電動キックボードに乗っていた女子高校生がタクシーと衝突し、高校生が死亡する事故があったばかり。2人乗りで無免許だったそうです。

なお、日本では、電動キックボードが自転車専用道を走れるようにする実証実験が10月から東京都内で始まりましたが、まだ原付扱いであることには変わらず、ナンバープレートやウィンカー装備、ヘルメット着用が義務となっています。

音声はこちら

https://music.amazon.co.jp/podcasts/70bf43b2-8bce-4c1c-87f0-2fd24df9aded/episodes/2feba54d-0256-480c-8d50-3aa7002b0fa2/de-133-KPOP-etc
ニュースde韓国語 - #133 K-POPの国際化→アルメニアでハングルデモ&変な敬語、知っててなぜ使う? etc.
▼▽アルメニアでハングルデモ 5:15- ▼▽変な敬語、知っててなぜ使う? 15:39- ▼▽女性国会議員に「おい」と叫んだ高位官僚 28:19- ▼▽電動キックボード12月解禁 35:12- Twitter: @newsdekorean Instagram: @newsdekorean Facebook:...

コメント

タイトルとURLをコピーしました